借金返済で失敗しないための夢と現実のさじ加減

0-76

34歳 女 会社員

家族は夫、息子(2歳)

今思えば、完全にブラック企業なんですが、憧れていた業界の会社のためなんとかしてしがみつきたくて、ギリギリまで我慢してました。
あまりのお給料の安さにどうにもこうにも生活が出来なくなり、仕事はたくさんあるのに、他にアルバイトすることもできず、生活をするために少しずつお金を借り続けて、総額20万円になりました。
古い業界で弟子制度みたいなのが残っていて、普通に業界に入るのも難しいので、今思えば、好きで働きたいですっていうのを逆手にとって足元をみられていいように使われてたんだと思います。
毎日、朝早くから夜中まで働いて、交通費も出ず、下手したら終電にも乗れず、それで月収8万円程度というのは、人を馬鹿にするにも程があるなと思いました。
世の中、こんな馬鹿みたいな人の使い方あるんだなと、失敗して、勉強させていただきました。
途中で気づかなければ、借金はもっと高額に膨らんでいたと思います。
今思えば、恐ろしいです

まだ独身だった頃の話しですが、当時大した貯金もないまま夢を追って上京してきました。
節約してアルバイトでもすれば、なんとか暮らしていけるので、当分はそれでいこうと思ってました。
問題は憧れだった業界に仕事が決まり、忙しくなってきたので、アルバイトを辞めたあとのことです。
古い業界で弟子制度みたいなのが残っていて、仕事量が多く、夜中まで仕事をすることがあっても、月収8万円程度。
少ない貯金を切り崩しても生活に限界がきてしまい、お金を借りました。” “他の会社に転職をして土日など、休みが取れる日は全て派遣などでアルバイトを入れ、深夜のファミレスで働き、ほとんど不眠不休で働きつづけて返済しました。
当時の私にはものすごい大きな額だったので、かなり必要でした。
こんなに追い詰められたのは後にも先にもこの時くらいです。” “常にお腹が空いて、常に寝不足で疲れ果ててなにもできないくらい頑張っているのに、全く先が見えず、頭もまわらず、とにかく辛かったです。
もう、その状況から抜け出す体力すら、ないんじゃないかと思うほど、疲れ果ててました。”

コメント