借金150万。若気の至り、今となっては良い人生勉強

0-03

36歳 女

事務アルバイト、夫とふたり暮らし

現在はもちろん借金は0円ですが、15年前、21歳当時は1,500,000円くらいありました。

額としては大したことはありませんが、21歳という若さと、初めての借金だったので、当時はけっこう必死でした。
借金の始まりは、ネットワークビジネスで投資500000円。
その後、初めて親元を離れた為、生活費が苦しくなり、自分でどうにかしようと、キャッシングで300000円を借りてしまう。
そして、その後、ネットワークビジネスを信じて、ネットワークビジネスでさらに500000円を投資。
しかし、ネットワークビジネスでの結果がなかなか出ず、収入はアルバイトの給料のみ。
月100000円ちょっとの収入での生活は厳しく、返済が間に合わなくなり、300000円のキャッシングの枠を500000円に広げてしまう。
結局、キャッシングの味をしめてしまい、返済しては、借りての繰り返しで、借金は全く減らず、1500000円となり、焦りました。” 21歳の頃、友達に誘われたネットワークビジネスにはまり、100万円程投資。上京し、初めて親元を離れ、アルバイトをしながら、ネットワークビジネスを続けましたが、なかなか結果がでず、毎日ギリギリの生活。キャッシングで借りたお金で、生活費を賄うこともしばしば。返済しては、また借りて、この繰り返しで悪循環でした。 もともと、アルバイトを掛け持ちしていた生活でしたが、それでも生活が苦しくなり、遂に人生初めての水商売を始めました。昼間はレストランのウェイトレス、夜はキャバ嬢として週6日働き、1年半くらいで返済しました。 贅沢はできませんが、とにかく、毎日をやり過ごすことに慣れてしまっていました。キャッシングで抜いては返しての悪循環で、借金があることはストレスでしたが、正直、どうにかなってしまうので、感覚が麻痺していました。

コメント